動脈硬化

動脈硬化

栄養管理&食品
 栄養管理&食品 トップページ > ビタミン&ミネラルで健康管理 > 動脈硬化が気になる人
 この「栄養管理&食品」のサイトでは、食品に含まれる栄養管理面上必要な栄養素、特に少量でも人の身体に大きな役割を果たすビタミンやミネラルについて、また、それが人におよぼす影響についてまとめてみました。さらに食品の安全や健康食品などについてもまとめています。人間が生涯にわたって、健康で生き生きと活力に満ちた生活をおくるためには、何よりも「食」が重要だろうと思います。それにはまず、食品の知識をしっかり身につけ、食生活における日ごろの栄養管理が、とても大切になると考えます。

動脈硬化

abc
ー スポンサードリンク −

動脈硬化が気になる人
【症状・影響】
動脈硬化(どうみゃくこうか)は、動脈壁が厚くなったり、弾力を失ってもろくなったり、あるいは血管のなかが狭くなったりするなどの状態を指します。
これは老化現象の一つで、高血圧症や肥満症、糖尿病などから促進され、血流
障害や血栓形成、出血などを引き起こします。
この動脈硬化になるメカニズムは、血液中に発生する活性酸素の作用で「悪玉
コレステロール(LDL)」が酸化・変性され、それを白血球の「マクロ-ファージ」が
取り込みますが、酸化・変性された「LDL」が増え過ぎると、「マクロ-ファージ」が
血管内で動けなくなり、泡沫細胞となって、やがて血管内のいたるところに瘤(こぶ)をつくるようになります。
これが動脈硬化の原因になるというわけです。

【予防・対策】
動脈硬化が気になる人は、活性酸素による「LDL」の酸化・変性を防ぐために抗酸化ビタミンである「ビタミンE、ビタミンC」の積極的な摂取を考えてみましょう。

※ 泡沫細胞(ほうまつさいぼう)とは、コレステロールを主体とする脂質を多量に
  蓄積した細胞です。
※ 白血球は、血液の有形成分の一つで、骨髄や脾臓、リンパ節でつくられます。
  その白血球のうち、「好中球」や「単球」は細菌や異物を食菌し、「リンパ球」は
  免疫にかかわります。
※ マクロファージ(macrophage)とは、体内の組織内に分布する大形のアメーバ
  状の細胞のことです。
  生体内に侵入した細菌などの異物を捕らえて細胞内で消化するとともに、異物
  に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える役目を担います。

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
栄養素
 
糖 質
 
脂 質
 
タンパク質
 
ビタミン
 
ミネラル
 
食物繊維
 
ビタミン&ミネラル
で健康管理
 
食品の栄養
 
食生活の留意点
 
食品の安全
 
健康食品の
豆知識
 
 

栄養糖質脂質タンパク質ビタミンミネラル食物繊維食品の安全
ビタミンについて
ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ニコチン酸
ビタミンB6 葉 酸 ビタミンB12 ビオチン パントテン酸 ビタミンC ビタミン様作用物質
ミネラルについて
ナトリウム マグネシウム リ ン カリウム カルシウム クロム マンガン
亜鉛 セレン モリブデン ヨウ素 ---
ビタミン&ミネラルで健康管理
 揚げ物が好きな人  甘い物が好きな人 胃潰瘍・十二指腸潰瘍が
気になる人
 イライラする人  飲酒の量が多い人
 運動不足になりがちな人  風邪を予防したい人  肩こりで困っている人  がんが気になる人  肝臓病が気になる人
 傷口の治りが遅い人  喫煙する人  牛乳が苦手な人  筋肉痛を予防したい人  高血圧が気になる人
 高脂血症が気になる人  口内炎になった人  更年期障害を感じる人  骨粗鬆症が気になる人 自律神経失調症と
診断された人
 心臓病が気になる人  睡眠リズムの悪い人  スタミナ切れを感じている人  頭痛がする人  ストレスを感じている人
 スポーツする人  生理痛の人  生理前にイライラする人  精力をつけたい人  ダイエットしている人
 疲れを感じている人  つわりのひどい人  徹夜や夜勤労働をする人  糖尿病が気になる人  動脈硬化が気になる人
 夏バテを防止したい人  肉をよく食べる人  妊娠に気づいた人  認知症が気になる人  脳卒中が気になる人
 歯ぐきから血がでる人  白内障が気になる人  肌荒れが気になる人  冷え性で悩んでいる人  ビタミンが不足している人
 日焼けが気になる人  ピルを服用している人  貧血の人  便秘する人  目の疲れを感じている人
 腰痛で困っている人 --- --- --- ---

ー スポンサードリンク −
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「栄養管理&食品」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 栄養管理&食品 All Rights Reserved