葉酸

葉酸

栄養管理&食品
 栄養管理&食品 トップページ > ビタミン > 葉 酸
 この「栄養管理&食品」のサイトでは、食品に含まれる栄養管理面上必要な栄養素、特に少量でも人の身体に大きな役割を果たすビタミンやミネラルについて、また、それが人におよぼす影響についてまとめてみました。さらに食品の安全や健康食品などについてもまとめています。人間が生涯にわたって、健康で生き生きと活力に満ちた生活をおくるためには、何よりも「食」が重要だろうと思います。それにはまず、食品の知識をしっかり身につけ、食生活における日ごろの栄養管理が、とても大切になると考えます。

葉 酸

abc
ー スポンサードリンク −

葉 酸
 葉酸は、1944年に、肝臓に含まれる「悪性貧血予防因子(ビタミンM)」が「ホウレンソウ」に含まれることが分かり、つけられた名称で、これには抗貧血作用があります。

また、細胞分裂の盛んな組織に多く含まれるビタミンでもあり、細胞分裂や増殖などに大きく関与しています。

つまり、細胞の遺伝子情報がつまった「DNA]は核酸でできていますが、その成分を合成するために働く酵素を助ける補酵素が「葉酸」というわけです。

さらに「葉酸」には、アミノ酸の一種の「ホモシステイン」の血中濃度を下げる効果があるともいわれています。

これは、特にビタミンB6、ビタミンB12などと一緒に摂取することで、「狭心症」や「心筋梗塞」、「脳卒中」の予防に効果が期待できるということです。

なお、この葉酸を多く含んだ食品には、次のようなものがあります。
(可食部100cあたり)
・肉類 --- 鶏レバー(1300μc)、牛レバー(1000μc)、
豚レバー(810μc)。
・魚介類 --- ウナギの肝/生(380μc)。
・豆類 --- 枝豆/茹で(260μc)。
・野菜類 --- アサツキ/茹で(200μc)、アスパラガス/茹で(180μc)、
ブロッコリー/茹で(120μc)、サニーレタス/生(120μc)、
茎ニンニク(120μc)。
その他、生ウニ、引割り納豆、パセリ、オクラ、シソ、ホウレンソウ、春菊、
焼き海苔、ごま など。

※ 葉酸を食品から摂る場合、体内での吸収率が悪いため、サプリメントで補う
  といった工夫が必要です。
※ 枝豆は、まだ熟していない青い大豆を枝ごととったもので、さやのまま茹でて
  いただきます。
※ 葉酸は、前がん状態からがんへの移行を防ぐといわれていますが、欠乏する
  と、発がんしやすくなるとも考えられています。

ビタミンの所要量と許容上限摂取量
ビタミン不足で、気になる症状 ビタミンの過剰摂取で、気になる症状

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
栄養素
 
糖 質
 
脂 質
 
タンパク質
 
ビタミン
 
ミネラル
 
食物繊維
 
ビタミン&ミネラル
で健康管理
 
食品の栄養
 
食生活の留意点
 
食品の安全
 
健康食品の
豆知識
 
 

栄養糖質脂質タンパク質ビタミンミネラル食物繊維食品の安全
ビタミンについて
ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ニコチン酸
ビタミンB6 葉 酸 ビタミンB12 ビオチン パントテン酸 ビタミンC ビタミン様作用物質
ミネラルについて
ナトリウム マグネシウム リ ン カリウム カルシウム クロム マンガン
亜鉛 セレン モリブデン ヨウ素 ---

ー スポンサードリンク −
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「栄養管理&食品」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 栄養管理&食品 All Rights Reserved