ビタミンA

ビタミンA

栄養管理&食品
 栄養管理&食品 トップページ > ビタミン > ビタミンA
 この「栄養管理&食品」のサイトでは、食品に含まれる栄養管理面上必要な栄養素、特に少量でも人の身体に大きな役割を果たすビタミンやミネラルについて、また、それが人におよぼす影響についてまとめてみました。さらに食品の安全や健康食品などについてもまとめています。人間が生涯にわたって、健康で生き生きと活力に満ちた生活をおくるためには、何よりも「食」が重要だろうと思います。それにはまず、食品の知識をしっかり身につけ、食生活における日ごろの栄養管理が、とても大切になると考えます。

ビタミンA

abc
ー スポンサードリンク −

ビタミンA
 ビタミンAは、脂溶性のビタミンで、俗に「目のビタミン」ともいわれています。
このビタミンAが欠乏すると、暗くなると目が見えなくなる「夜盲症」や、さらにひどくなると「眼球乾燥症」を発症する場合があります。

これは、目の網膜にある光の明暗を感じる「ロドプシン」の主成分が「ビタミンA」
だからです。

そのため、一日の所要量(男性:600μc、女性:540μc)を摂取することが望ましいということになりますが、脂溶性なので、肝臓に蓄えておくことができるため、毎日の摂取は必要ありません。

但し、動物性食品に含まれる「レチノール」には、「過剰症」があるため、むやみな過剰摂取は控える必要があります。

なお、ビタミンAには、次の二種類のタイプがあります。
・体内でそのまま「ビタミンA」として働くタイプ ---
  動物性食品に含まれる「レチノール(ビタミンA)」。
・体内で必要に応じて「ビタミンA」に変わるタイプ ---
  緑黄野菜やフルーツなどに多く含まれる「α-カロテン」や「β-カロテン」。

また、ビタミンAを多く含む食品には、次のようなものがあります。
(可食部100cあたり)
・肉類  --- 鶏レバー/生(14000μc)、豚レバー/生(13000μc)、
        牛レバー/生(1100μc)。
・魚介類 --- ウナギの蒲焼(1500μc)、アナゴ/蒸し(890μc)。
・野菜類 --- モロヘイヤ/生(840μc)、ニンジン/皮むき-茹で(680μc)、
        ホウレンソウ/茹で(450μc)、西洋カボチャ/茹で(330μc)。
  など。

※ 1μc(マイクログラム)=100万分の1cです。
  1mg=1/1000c
  1μg=1/1000mg
※ 動物性食品に含まれる「レチノール」を一日に1500μc以上摂取すると、
  頭痛や吐き気、発疹、疲労感などの症状が現れます。
※ 「カロテン」は、「過剰症」の心配がなく、体内で必要なだけ「ビタミンA」に変り、
  変換されないものは強力な抗酸化作用をもつため、がんや動脈硬化、老化
  などを予防します。
※ 「カロテン」の吸収率は、油と一緒に摂るとアップします。
  そのため、野菜炒めにしたり、ドレッシングをかけたサラダなどにしていただき
  ます。
※ ビタミンAには、目や皮膚、咽喉の粘膜を守る働きや、また活性酸素により
  傷ついた細胞膜を回復する働きがあります。

ビタミンの所要量と許容上限摂取量
ビタミン不足で、気になる症状 ビタミンの過剰摂取で、気になる症状

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
栄養素
 
糖 質
 
脂 質
 
タンパク質
 
ビタミン
 
ミネラル
 
食物繊維
 
ビタミン&ミネラル
で健康管理
 
食品の栄養
 
食生活の留意点
 
食品の安全
 
健康食品の
豆知識
 
 

栄養糖質脂質タンパク質ビタミンミネラル食物繊維食品の安全
ビタミンについて
ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ニコチン酸
ビタミンB6 葉 酸 ビタミンB12 ビオチン パントテン酸 ビタミンC ビタミン様作用物質
ミネラルについて
ナトリウム マグネシウム リ ン カリウム カルシウム クロム マンガン
亜鉛 セレン モリブデン ヨウ素 ---

ー スポンサードリンク −
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「栄養管理&食品」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 栄養管理&食品 All Rights Reserved