食品 安全

食品 安全

栄養管理&食品
 栄養管理&食品 トップページ > 食品の安全
 この「栄養管理&食品」のサイトでは、食品に含まれる栄養管理面上必要な栄養素、特に少量でも人の身体に大きな役割を果たすビタミンやミネラルについて、また、それが人におよぼす影響についてまとめてみました。さらに食品の安全や健康食品などについてもまとめています。人間が生涯にわたって、健康で生き生きと活力に満ちた生活をおくるためには、何よりも「食」が重要だろうと思います。それにはまず、食品の知識をしっかり身につけ、食生活における日ごろの栄養管理が、とても大切になると考えます。

食品 安全

abc
ー スポンサードリンク −

食品の安全
 今は一年中食べられる野菜や魚介類も、かつては旬の季節に採れたものだけ味わっていました。

今は一つの食材の中で自分が欲しいと思うところだけを食べ、残りは平然と捨てていますが、かつては他に食べる物がないこともあり、その食材のすべてを味わっていました。

今はさまざまな手段を使って日本各地はもとより世界中の食べ物を手に入れられるようになりましたが、かつてはその土地のものをそして採れたてのものだけ味わっていました。

現在のこの飽食時代といわれるものは、もともと私たちの欲求から生まれたもので、季節に関係なく一年中さまざまな食品が店頭にならび、また世界各地の食べ物が日本中に届けられるようになりました。

それもこれも品種改良や遺伝子組み換え技術、養殖技術、また化学肥料や農薬の使用といったこと、さらに、食品製造や加工、保存などの技術が進歩したこと、そして、経済的にも裕福になったことも加わって可能になったといえるでしょう。

しかしその反面、食品の安全性が大きく揺らいでいるのも事実です。

農作物への農薬の残留、畜産・水産業における抗生物質等の使用、病原性大腸菌O 1 5 7 による食中毒、BSE、遺伝子組換え食品、未承認の食品添加物、

内分泌かく乱化学物質の健康への影響、偽装表示事件等々、国内外に問わず、さまざまな食品に対する問題が起きています。

食品の危険性を完全に排除する食生活は不可能だとは思いますが、今後、私たちの欲求を一度見直すことで、より安全に食生活を送ることができるようになるのではないでしょうか。

食べずに捨ててしまう部分にも栄養価は多くあります。

旬の季節にとれた野菜、魚介類は他の季節に摂れたものより、栄養が豊富で、
味も良く、価格も安いものが多くあります。

食あたり 食中毒 食中毒の予防
遺伝子組み換え作物 食品添加物 食品添加物の安全性
寄生虫 寄生虫病 栄養失調
食物アレルギー 食物アレルギーの予防と対策

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
栄養素
 
糖 質
 
脂 質
 
タンパク質
 
ビタミン
 
ミネラル
 
食物繊維
 
ビタミン&ミネラル
で健康管理
 
食品の栄養
 
食生活の留意点
 
食品の安全
 
健康食品の
豆知識
 
 


栄養糖質脂質タンパク質ビタミンミネラル食物繊維食品の安全
ビタミンについて
ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ニコチン酸
ビタミンB6 葉 酸 ビタミンB12 ビオチン パントテン酸 ビタミンC ビタミン様作用物質
ミネラルについて
ナトリウム マグネシウム リ ン カリウム カルシウム クロム マンガン
亜鉛 セレン モリブデン ヨウ素 ---

ー スポンサードリンク −
※ 医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
  免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。
  万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。
  あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「栄養管理&食品」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 栄養管理&食品 All Rights Reserved