ナトリウム

栄養管理&食品「ナトリウム」のページ

栄養管理&食品
 栄養管理&食品 トップページ > ミネラル > ナトリウム
 この「栄養管理&食品」のサイトでは、食品に含まれる栄養管理面上必要な栄養素、特に少量でも人の身体に大きな役割を果たすビタミンやミネラルについて、また、それが人におよぼす影響についてまとめてみました。さらに食品の安全や健康食品などについてもまとめています。人間が生涯にわたって、健康で生き生きと活力に満ちた生活をおくるためには、何よりも「食」が重要だろうと思います。それにはまず、食品の知識をしっかり身につけ、食生活における日ごろの栄養管理が、とても大切になると考えます。

ナトリウム

abc
ー スポンサードリンク −

ナトリウム
ナトリウムは、主に細胞の外側、つまり血液と骨に存在し、細胞の内側に主に存在するカリウムとともに、細胞内外の物質交換や水分の調整、すなわち浸透圧を維持する役目を担っています。
また、体液のPH調整、さらに神経や筋肉の刺激伝達などに働きかけています。
このナトリウムは、普通、食塩として体内に摂り入れられますが、これが不足すると食欲減退、精神不安、倦怠、めまいなどの症状を引き起こし、逆に継続的にとり過ぎる場合は、高血圧や動脈硬化、脳卒中などの原因になります。
一般に一日あたりの摂取量は、食塩にして6c以下が望ましいといわれていますが、日本人の場合は平均するとかなり超過しています。
そのため、高塩分の味噌汁、漬物、佃煮、干物や、食塩、味噌、醤油、ソース、ケチャップなどの調味料、また外食、テイクアウトの弁当、スナック菓子など、ある程度控えることも検討する必要があります。
例えば、塩や醤油、ソースなどをむやみに使わず、出汁や香辛料、また酸味、辛味、風味をもつ食品を上手に利用しておいしく食事がいただけるように工夫する方法があります。

なお、ナトリウムを多く含んだ食品には、次のようなものがあります。
(可食部100cあたり)
肉加工品
冷凍ハンバーグ
(0.49c)
   

魚介類
アサリの佃煮
(2.9c)
   

海藻類
昆布の佃煮
(2.9c)
カツオの角煮
(1.5c)
干しアジ
焼き(0.77c)

漬物類
タクアン漬け
(1.7c)
   

調味料
薄口醤油
(6.3c)
濃口醤油
(5.7c)
赤色の辛味噌
米味噌(5.1c)
淡色の辛味噌
米味噌(4.9c)
カレー用ルウ
(4.2c)
ウスターソース
(3.3c)
中濃ソース
(2.3c)
トマトケチャップ
(1.3c)
フレンチドレッシング
(1.2c)
マヨネーズ
卵黄タイプ(0.9c)
   

菓子類
ポテトチップス
(0.36c)
   

加工食品
インスタントラーメン
一食分(2.5c)
   
  など。

ミネラルの主な役割
ミネラルの所要量と許容上限摂取量
ミネラル不足で、気になる症状
ミネラルの過剰摂取で、気になる症状

cba
ー スポンサードリンク −
 
も く じ
 
栄養素
 
糖 質
 
脂 質
 
タンパク質
 
ビタミン
 
ミネラル
 
食物繊維
 
ビタミン&ミネラル
で健康管理
 
食品の栄養
 
食生活の留意点
 
食品の安全
 
健康食品の
豆知識
 
 

栄養糖質脂質タンパク質ビタミンミネラル食物繊維食品の安全
ビタミンについて
ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ニコチン酸
ビタミンB6 葉 酸 ビタミンB12 ビオチン パントテン酸 ビタミンC ビタミン様作用物質
ミネラルについて
ナトリウム マグネシウム リ ン カリウム カルシウム クロム マンガン
亜鉛 セレン モリブデン ヨウ素 ---

ー スポンサードリンク −
医療情報に関する注意 : ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。あらかじめご了承ください。これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用くださいませ。
当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。 当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
このサイト「栄養管理&食品」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 栄養管理&食品 All Rights Reserved