羊水の異常とは?(羊水過多症、羊水過少症)

羊水の異常(羊水過多症、羊水過少症)についてまとめたページです。

     妊娠@ガイドブック      
 妊娠@ガイドブック TOP > 羊水の異常とは?(羊水過多症、羊水過少症)
 妊娠が告げられると、長い妊娠期間に入るわけですが、 ゆとりをもった妊娠、ゆとりをもった出産をして頂くために、当サイは、妊娠前、妊娠中、分娩前、分娩後など、あらかじめ知っておきたいこと、 またちょっと不安に思ったことなどを含め、妊娠か出産までの必要なコンテンツをまとめています。ぜひ、この「妊娠のことがわかる〜妊娠@ガイドブック」をご利用さいませ。

羊水の異常とは?(羊水過多症、羊水過少症)・・・「妊娠にともなう病気とその症状」

*****

スポンサードリンク

羊水の異常とは?
【羊水過多症、羊水過少症】

羊水過多症は、羊水の量が800ml以上になる場合をいい、前期破水や早産などが起こりやすく、また胎児にも異常がある確立が高くなります。
羊水過少症は、羊水の量が100ml以下の場合をいい、早産の原因になったり、胎児異常の危険も高まります。
羊水とは、羊膜の上皮細胞から分泌される無色透明の液体で、次のような働きがあります。
胎児や胎盤などに対して、外部からの圧迫を防ぎます。
母体に対しても衝撃をやわらげます。
出産時に、お産をスムーズにします。
胎児の発育を助けます。
胎児はこの羊水を飲み、呼吸運動によって、気管や肺を出入りします。
羊水は、胎児の代謝産物を含むため、胎児の発育状態を知ることが可能です。
羊膜とは、妊婦の子宮内にあるもので、胎児を包み、羊水を保持している薄い膜。
出産後には排泄物となります。
正常妊娠における羊水量は、一般に、妊娠8ヶ月で最大で約700mlといわれています。
現在、羊水量を測定するのにエコー検査がよく使われます。
羊水ポケットが8cm以上であれば羊水過多症と診断されます。
羊水過多症が起こる原因は、胎児に異常がある場合が多くみられますが、胎盤や臍帯(さいたい、俗にいう「へその緒」)の異常や、母体に糖尿病、心疾患、腎疾患、肝疾患、貧血などの合併症があると、稀に起こることがあります。
一方、羊水過少症では、胎児の尿路系に異常がある、破水などの場合に起こります。

【症 状】
羊水過少症の症状としては、腹部が大きくなる、腹部の痛み、呼吸困難などがみられ、また、妊娠高血圧症候群を合併しやすくなります。
羊水過少症では、正常妊娠の状態に比べて子宮が小さく、胎動も少なくなります。

【胎児の様子】


















***
ー スポンサードリンク −


妊娠の基礎知識
  妊娠とは?  
排卵とは? 受精とは? 着床とは?
妊娠の兆候について 妊娠の確認と診断
について
妊娠検査薬とは?
基礎体温とは? 排卵、妊娠時の
基礎体温について
妊娠周期
(妊娠期間、出産予定日)
の数え方について
妊娠初期症状、
妊娠初期の様子
(満15週まで)について
妊娠中期症状、
妊娠中期の様子
(満16〜27週)について
妊娠後期症状、
妊娠後期の様子
(満28週から)について
妊娠中の胎児の
様子について
妊娠中のお母さんの
様子について
妊娠中の受診、検査
について
妊娠中の日常生活における
留意点(注意点)について
妊娠中の気になる栄養
(食品)について
妊娠中のからだの変調
(症状)について
不妊症とは? 不妊症の原因について 不妊症の治療について

不妊にかかわる病気とその症状
  多嚢胞性卵巣症候群とは?  

妊娠にともなう病気とその症状
妊娠悪阻とは? 流産とは? 早産とは?
子宮内胎児死亡とは? 異所性妊娠
(子宮外妊娠)とは?
妊娠高血圧症候群とは?
常位胎盤早期剥離とは? 前置胎盤とは? 羊水の異常
(羊水過多症、羊水過少症)
とは?
  多胎妊娠とは?  

妊娠に悪影響をおよぼす病気
 
妊娠に悪影響をおよぼす病気
(子宮筋腫、子宮奇形、心臓病、
血液疾患、肝臓病、腎臓病、
喘息、感染症) とは?
 
※ ほかの「女性の病気」についてはこちらから・・・

出産にともなう異常や病気
陣痛の異常
(微弱陣痛、過強陣痛)とは?
胎児の位置異常
(骨盤位、横位)とは?
産道の異常とは?
破水
(前期破水、遅滞破水)とは?
分娩後の出血とは? 胎盤の異常とは?
分娩時の母体損傷
(子宮破裂、頸管裂傷、
膣裂傷、会陰裂傷、
恥骨結合離開) とは?
出産にともなう
出血性ショックとは?
産褥期の異常や病気と
その症状について

妊娠、出産のひと口メモ
妊娠、出産への留意点
(心構え)について
妊娠、出産後の届出について
公共機関でうけられるサービス
(妊婦検診、保健指導、
乳幼児健診〜3歳児検診、
定期予防接種)について
高齢出産、若年出産について 妊娠線が気になる
あなたへ・・・
性感染症の検査について
  母乳栄養について  

*******
ー スポンサードリンク −

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談して下さい。
免責事項:当サイトに掲載されている情報はできうる限り正確なものを提供できるよう、細心の注意を払っておりますが、それを保証するものではありません。万一、当サイトに記載された情報の誤報、誤植、欠落などに起因して発生したいかなるトラブルも、当方はその責任を一切負いません。あらかじめご了承下さい。
これらのことをご理解いただいた上で、当サイトをご利用下さいませ。
Copyright (C) 妊娠@ガイドブック All Rights Reserved